新規導入設備

2021年9月 NC旋盤 2台導入

オークマ㈱製 NC旋盤【LB3000EXⅡ】を2台導入しました。


2021年3月 自動倉庫(ユニットラックシステム)導入

西部電機㈱製 自動倉庫を導入しました。

この自動倉庫は、社員の安全や製品管理、更なる受注獲得を目的に、2019年より検討を重ね、この度完成に至りました。
【収容数】668パレット
【効 果】
■ 作業効率:仕入先出作業 約80%改善
■ 安 全:フォークリフトのタッチ回数 約50%低減
■ 品 質:製品の入庫から顧客への納入までをシステムによるデータ管理化
■ スペース:自動倉庫への収容により608㎡の空きスペース確保(新受注用)

もちろん、自動倉庫の震災対策も万全。導入にあたっては、自社の使用方法に併せたカスタマイズが必要でしたが、西部電機㈱様に柔軟にご対応頂き、検討を繰り返した結果、最適なシステム・構造となりました。


2020年12月
自動取付ロボット導入

平原精機工業製の自動取付ロボット装置を導入しました。

このロボット装置は、省人化により生産性向上はもちろんですが、
 ① ハンドが外径φ30~φ80まで、同じ力で品物を掴むことが可能。
 ② エリアセンサーがあり、人がロボットに近寄れば3段階でロボットスピードが低速し、3段階目で停止。さらに作業者が離れれば徐々に動き出し、続きの動作を行うので、人との共同作業が可能。
 ③ 安全柵が不要で、スペースの有効利用が可能。

以上の3点により、安全と品質の更なる向上を実現しています。


2020年12月
エアー洗浄ロボット搭載大型横型マシニングセンタ4台導入

㈱ニイガタマシンテクノ製  □630エアー洗浄ロボット搭載 横型マシニングセンタ【N7】を4台導入しました。
 
この【N7】は、2017年、2019年に導入した【ULTY701】に比べ、ATC仕様や奥行き加工ストロークが改善され、更なる生産性・品質の向上に繋がります。また前回同様に、加工後のエアー洗浄を自動化することを目的にエアー洗浄ロボットも搭載しています。2021年もこの設備と共に飛躍していきます!


 

2020年4月 細穴放電加工機導入

㈱アステック製 細穴放電加工機A33M/P2を導入しました。

小径穴(φ0.2mm)から大径穴 (φ4.0mm)の深い穴(深さ100mm)に対して高速加工が行えるため、生産効率の大幅な向上が可能となりました。


2019年5月 エアー洗浄ロボット搭載 大型横型マシニングセンタ導入

(株)ニイガタマシンテクノ製  □630エアー洗浄ロボット搭載 横型マシニングセンタ【ULTY701】を1台導入しました。

 この設備は(株) ニイガタマシンテクノ様に1年半程前に依頼し、弊社の更なるものづくり改善の為に設計開発して頂きました。特徴としては、加工後に行っていたエアー洗浄を自動化することで、

  1. 機内作業によるオイルミスト飛散を削減(働く環境改善)
  2. 自動洗浄により次作業へ取り掛かりが可能(生産性向上)
  3. 品質の安定化に繋がります。

中小企業の機械加工会社No.1を目指し更なる改善を日々進めていきます。


ークマ(株) 横型マシニングセンタ MA600HⅡ

2019年3月 大型横型マシニングセンタ導入

オークマ㈱ 製 大型横型マシニングセンタ【MA-600HⅡ】を1台 導入しました。

この設備は、□600mm×H1000mm の加工可能スペックで、大型部品にも対応する事が可能です。

現在は、馬力の大きいサイズのエンジンケース加工を検討しています。


自働エアーブローロボット

2019年3月 自動エアーブローロボットを2台導入

㈱デンソー 製 自動エアーブローロボットを2台導入しました。(㈱平原精機工業 製作)

これは、ものづくり会社としての生産性向上だけでなく、従業員の働く環境改善を主とし、導入しました。廣野鐵工所は日本一清潔で綺麗な鋳物加工工場を目指しています!


2019年3月 超硬ドリル研磨機を導入

宇都宮製作所㈱ 製 超硬ドリル研磨機【TGR-016α】を1台導入しました。

~社内研磨はじめました~

従来は、超硬ドリルの再研磨は非常に繊細な技術が必要なため、社外会社に依頼していましたが、廣野鐵工所の更なる技術力向上を目指し、導入しました!


2018年11月 立型複合機を導入

オークマ製㈱ 製 立型複合機【MILLAC33T】を1台導入しました。

ものづくり会社としての技術力向上のため、従来は立型NC旋盤とマシニングセンタの2台で加工していた製品を、この立型複合機1台で加工出来る様に改善することが狙いです。


NC旋盤

2018年10月 NC旋盤を3台導入

オークマ㈱ 製 NC旋盤【LB3000EXⅡ】を3台導入しました。

そのうち1台は新チャレンジとして、複合NC旋盤を導入しています。

これは、NC加工以外にも同時にキー溝などのMC加工をすることが可能となり、生産性向上、リードタイム短縮へと繋がります。